child-20324_640『ShoSho自己紹介①』の続き …

就職後、
常に頭の中は起業のことでいっぱい…笑

全く、仕事が手につきませんでした。

そんな僕にまたまた転機が起こります。

 

A man’s walking is succession of falls.

 

の第二の転機。

それは、起業仲間と呼べる2人の存在です。

 

新卒社員何60・70人もいれば、似た考えの人がいるもので。

 

すぐにその起業意識の高い2人とは意気投合し、
今後のことについて、連日、飲みながら語り明かしました。

 

そして、仲間二人と共に会社を辞めて
起業すると決意したのです。

 

 

最初に、行うビジネスは、中国輸入ビジネスでした。

 

「失敗するなら、若いうちだ!」

と意気込み、毎日、恐怖と野望で、
ワクワクしていたのを覚えてます。

 

 

 

そして、夏の暑い時期に会社を辞めて、
フリーになった僕を待ち受けていたのは、
共に会社を辞めて会社を立ち上げようと誓った
仲間たちのまさかの行動でした。

 

 

仲間だと思っていた二人は、会社を辞めなかったのです…

 

退職前の2か月間、
中国からのアパレル輸入事業のプランを練って、
3人の役割分担もして、いざ、実行に移す時でした。

 

 

2人が辞めなかった理由はこんな感じです。

「年齢的に早すぎる。」
「親が猛反対してきた。」

 

 

一人、先に退職をしちゃった僕は、HP立ち上げの勉強、
デザイナーへの営業しながら、2人の“行動”を待ちました。

 

 

気づいたら、仲間だと思っていた
二人との連絡は途絶え、僕は一人でした。

 

 

 

この時、僕が、信じていたサスケに裏切られた、
ナルトさながらの気持だったのは言うまでもありません。

 

 

かし、ビジネスを軌道に乗せないと、
生活が出来なくなるのは目に言えていたので、

中国の工場とコネがあると謳っていた仲間は去った後も、
独学で、『iPhoneケース』を輸入したり、HP作成して、
アフィリエイトに挑戦したりしました。

 

 

その時は、生活が出来なくなる恐怖が僕の唯一の“行動”の源でした。

 

 

しかし、輸入ビジネスの情報は、腐るほど出回っていますが、
その当時の情報弱者のぼくには、ほとんど、有効活用できず、
輸入した商品は全く売れず、まさかの失意のどん底…

 

 

あ~人生って簡単にはいかないのね…

 

 

そんなことを考えていた僕が、すがるように没頭していったのが、

アフィリエイトでした。

 

独立後、独学でHP作成を勉強したことにより、
多少なりとも知識をつけ始めた僕が見つけたのが、
サイトで自己表現しながら、広告収入で生活するというライフスタイル。

 

 

全く新しいジャンルの世界です。

 

冬に本腰を入れた新しいビジネスは、
いまに至る半年間の間に、一日に30万円を売り上げたりと、
日を増すごとに拡大し始めました。

 

最近でこそ、テレビなどで取り上げられることで、
注目され始めた業界ですが、実は、
実際に稼げている人の割合は、参入者の5%以下!

 

それを見た僕は思ったのです…
「5%なら、すぐに入れるじゃん!」

 

そして、実際に身近の人にアフィリエイトを教えたところ、
1カ月目から報酬が2万円。翌月には4万円
収益が上がり始めました。

 

 

「アフィリエイトに興味を持った人が挫折する原因は
行動力が伴っていないということだけなのかも…。」

 

そう考えた僕が、このブログで提案するのは、
行動心理に基づくメルマガコーチングです。

 

 

「提案をするだけして、あとはお任せ♪」

の従来のメルマガコンサルではなく、
“質問から引き出す”ということに重点を置いた形。

 

 

複業(副業)と言うものは、一人で行うから、会社にもばれず、気楽。
と言うのは事実ですが、強制力がない分、人間の行動力の一番の敵、
怠慢と一人で戦わないといけないデメリットがあります。

 

この怠慢が厄介でして、意外と、勝てない人が多いんです。
(僕もそうでした。笑)

 

 

なんだかんだいって、自信を持って、怠慢と闘えない人は、
今流行りのビジネス塾や強制力のある、
コミュニティに入ったほうが、圧倒的に良いです。

 

 

も、そう言った塾などは、新参者にとっては非常に高い…。

 

なので、このサイトでは、メルマガコーチングはもちろん、
その読者の方とゆくゆくはサイト訪問者の方たちが、
実際に交流できるビジネスサークルを作ります。

 

まだまだこのサイトも、コンテンツ不足ですが、
是非、これからも宜しくお願いします。

 

以上、ShoSho’s自己紹介でした。