file000926134998

これまでの時代は如何に新しく新鮮な情報を手に入れるかで、勝敗が決してきた。

でも、誰でもリアルタイムで情報を仕入れられるようになった現代は、どれだけの情報を分かりやすく、より多くの人に伝えられるかで勝敗がきまる…

 

情報を分かりやすく、より多くの人に伝える!!

 

「個人で稼ぐ力」
の重要性が分かったけど、なんで情報ビジネスなのか?

もちろん、資本金があって、知識もあって、コネクションもある人なら、
このサイトは今すぐ閉じてください。役には立たないです。

好きな業界のビジネスを立ち上げてください。

 

このサイトは、
僕が情報ビジネスの重要性とその具体的なノウハウを
「個人で稼ぐ力」の重要性に気づいた
以下のような人向けに発信しています。

◇個人で稼ぐ力を手に入れたい人
◇情報ビジネスをやっているけど結果が出ていない人

 

 

その点を踏まえて、僕は再度、情報ビジネスを押します。

やれば誰でも稼げるようになるのが情報ビジネスです。

 

情報ビジネスとはいま流行りの、ネットビジネスの中でも、
今後さらに拡大していくビジネスです。

 

 

際、情報ビジネスの中の収益の柱である、
アフィリエイト広告の市場規模は以下のように推移しています。

2010年度は1,009億8,000万円。
2011年度は1,133億7,000 万円。
2012年度は1,276億9,000万円前年度比12.6%増です!

ある経済研究所では、2015年度の市場規模を1,659億円に達すると言っています。

 

市場規模の拡大に伴い、社会でも徐々に認知され始めましたが、
まだまだ他の業界に比べれば低い方でしょう。

 

最初に言った通り、誰でも始められるからこそ、
これだけ市場規模も急速に加速しているわけですが、
実際に、稼げている人間と言うのは5~10%未満と言われてす。

 

 

この統計は、非常に残念なことです。

参入障壁が低いことため、情報ビジネスを始め、
稼げないという理由だけで、諦めていってしまう。

 

 

とんどのあきらめていく人と言うのは、
「100回試せば通れる道を99回試して辞めているような人たちばかりです。」
せめて1年は自分が可能性があると思ったことを信じましょう!!

 

僕が、この情報ビジネスを押す理由は、
「稼ぎやすいから」
という理由だけではありません。

 

情報ビジネスを押す最大の理由は、どのビジネスにも応用できる
最新の「集客」能力が身につくからです。

 

これからのビジネスはかならず、
「オンライン」to「オフライン」のビジネス概念が必要です。

 

楽天の三木谷社長も言っていましたが、
オンラインで認知し、オフラインに至る。
『OtoO』がビジネスを成長させる秘訣と言うことです。

 

そう言った時代が、既に始まっているのに、
自分のメディアを持っていない。

もしくは、見てもらえていないということは非常に危ういことです。

 

 

これからの「集客」の中核を担う「オンライン」の部分。

 

断言します。

「オンライン集客」は情報ビジネスをすると身につきます。