man-66939_640

 

このブログを見つけて、
何を言っているのだろうこいつは?

そう思った人は多いはず。

簡単に僕の自己紹介をさせてもらいます。

 

TRIP ON YOUR ROAD.

 

「社会をなめんなよ!!」

僕が、人生で初めて就職を経験し、
その会社を辞める時に、上司に言われた言葉です。

 

リーマンショック後の就職氷河期
日本の最高学府でさえも、就職率が7割を切る
就職末期の時代に、僕は就職をしました。

 

“世間”では安泰と言われる東証一部上場企業に、
運よく2社、内定を決めていた僕は、
そのうち、70年続いている「安定」を絵に
書いたような企業に就職します。

 

 

そして、3か月後に退職します…。

 

 

 

「将来は社長になる!!」

僕は、そんなことばっかり言っている、
そこらへんに、転がってるやつ。

 

過去の栄光か、まだ見ぬ未来への希望か、

起業のために、何をしているわけでもなく、
口先だけ、そんなことを言っていた、大学時代でした。

 

 

やっていたことと言えば、
資産構築のセミナーにちょこちょこ行ったり、
お金持ちな人にあったら、好奇心のままに
話を聞きに行くくらい…

 

よく、いるでしょ?

口先だけで、行動が伴っていない人。

「みんなと違う人になりたい!!」

という、みんなと同じセリフ、みたいな人間です。笑

 

 

デカイことを言いながら、
母親からは、「現実を見なさい。」と言われながら、
何もしていない自分に腹だたせ、もがきながら、

 

結局、みんなと同じように、就職先を決めた数ヵ月後。

 

ある人がきっかけに価値観が変ったんです。
ある人とは、バイト先で出会った、資産家のおばさんでした。

月に、200万円近くの不動産投資による不労所得を稼ぎ、
過去には実際に事業をしていた自分とは別次元な人間。

 

 

これまでも、

「この人お金持っているなー」

と言う人はあったことは、ありました。

 

 

かし、そんな人たちは皆、
せかせかと働き、人一倍の苦労をしているのが普通。

 

年に二回の海外旅行を好きな時に行き、
自由なライフスタイルを描いている、
そのおばさんは、僕には、異次元空間の人でした。

 

 

最初に感じた感情は、

「ええっ!ずるーっっ( ̄[] ̄;)ホエー!!!!!」

です。笑

 

そして、そのおばさんと、仲良くさせていただき、
知り合いの起業家の方たちと、会わせていただく中で、
自分が如何に、凝り固まった、限られた情報のなかで
生きていたのかを知ったんです。

 

しかし、不動産投資を教わるにも、
「1000万の貯金なんてないし、金も借りれない…」

 

そんな言い訳をしているうちに、
時は無情にも過ぎ、みんなと同じく就職。

 

「あと、少しで何か見つけられそうなのに…!
口先だけの奴になりたくない!!」

 

そういいながらも就職。

 

就職後も、全く、仕事が手につきませんでした。

常に脳裏には起業のことで頭がいっぱい…笑

 

 

そんな僕にまたまた転機が起こります…『自己紹介②』へつづく